FC2ブログ

埼玉シルバーバーチの会

スピリチュアリズムの理解と実践のためのシルバーバーチ読書会のブログです。

Entries

9月の読書会のご案内

猛暑の夏が終わり、朝晩はすっかり涼しくなってきました。

ここ数週間、すっきりしないお天気が続いていますが、秋の花コスモスは、曇り空の下でもゆっくりと風に揺れています。これから訪れる「秋晴れ」が待ち遠しいですね。

8月中旬に、スピリチュアリズム普及会の第3公式サイトに「精神的心霊現象」についての内容がアップされました。

これは、「さまざまな心霊現象」としてすでにアップしてある「物理的心霊現象」の続きの部分です。

読書会に参加される方の中には、「以前は心霊現象について興味があったが、今はもうそれほど関心はない」という方や、ご自身が霊媒体質で、いくつかの心霊現象を体験している方もいます。

一般に「心霊現象」と言うと、すぐに「幽霊の話」だと思う人が多いと思います。テレビなどで放送される心霊現象関連の番組のほとんどは、人々の恐怖心や好奇心を煽るものばかりです。

スピリチュアリズムの観点からすれば、「心霊現象」は偶然起こった不思議な現象ではなく、霊界がある意図を持って演出したものということです。

ある意図とは、「地球人類救済計画」の土台をつくる、ということです。スピリチュアリズムは、「地球人類の救済」を目的として高級霊によって興されたものですが、その計画を進めるにあたって霊界側は、次の3つを地上人に確信させる必要がありました。

それは
「人間は死んでも霊の世界で生き続ける」
「死後の世界は存在する」
「地上の人間と死後の世界にいる霊は、コミュニケーションをとることが可能である」
という3つです。

これらを知らせるために、霊界は計画的に心霊現象を起こしたのです。

これまで地上人は、「心霊現象」の背後にこうした霊界側の計画があることについて、全く考えも及びませんでした。ただ「不思議な現象・神秘的な出来事」だと思っていましたが、そんな単純なものではなかったのです。

ホームページに公開された「さまざまな心霊現象」を読むと、従来の心霊解説書とは見方が全く違うことがよく分かります。スピリチュアリズムの霊的知識に基づいた解説によって、初めて心霊現象の本質とメカニズムが理解できるようになったことを実感します。

スピリチュアリストは、霊的世界や霊的現象(心霊現象)について、単なる興味本位であってはいけません。人から聞かれたときは、霊的世界のプロとして、正しい答えができるようにしておきたいものです。

皆さんもぜひ、今回、アップされた内容をじっくり読んで、心霊現象について正しい知識を得ていただきたいと思います。


さて、下記の日程で9月の読書会を行います。2か月の充電期間を経て、再びともに学んでまいりましょう。

読書会への参加をご希望の方は「埼玉シルバーバーチの会」のホームページからご連絡ください。

読書会は、「シルバーバーチの霊訓」(2冊以上)と「スピリチュアリズム入門」「続スピリチュアリズム入門」(いずれもスピリチュアリズム普及会発行)を読まれている方を対象としております。

ご参加にあたっては、事前にテキストををご購入いただき、学習箇所をご一読ください。


■開催日時  2015年9月20日(日) 午後1時20分 ~ 3時30分 
                   (時間厳守でお集まりください)
■場所    シーノ大宮センタープラザ  9 F 学習室1
  
■テキスト   『シルバーバーチは語る』 

■連絡先と会場の地図はこちら 

*会場の都合で、定員は17名です。満席の場合は少しお待ちいただくことがありますのでご了承ください。

*参加費は無料です。