FC2ブログ

埼玉シルバーバーチの会

スピリチュアリズムの理解と実践のためのシルバーバーチ読書会のブログです。

Entries

3月の読書会のご案内

白や赤の梅や桃の花、色鮮やかな黄色い菜の花・・・春の訪れは、私たちの心を明るく軽やかにしてくれます。花粉症で悩んでいる方も多いと思いますが、色とりどりの花々を楽しむ心は忘れないでほしいと思います。

先週、自然食品のネットショップ「健康フレンド」のホームページに興味深い記事が掲載されていました。「健康フレンド」は、「シルバーバーチの霊訓」に基づく真のホリスティック栄養学・健康学を実践する方のための情報や選りすぐりの食材を販売しています。ホームページの中に「ハローフレンド」というコーナーがあり、月に1回程度、新しい記事が掲載されます。

今回は、「最新科学が明かす健康長寿の秘訣」でした。今日は、それを少しだけ紹介します。

地上で生きている大半の人々は、できるだけ健康で長生きがしたいと思っています。そのために「健康にいい」「長生きができる」と言われる食品や運動などを試し、さまざまな研究もなされています。

昨年の10月に放送されたNHKスペシャルで、「心の持ち方」が長寿を可能にする要因の一つだという最新の研究結果が紹介されました。慶応大学医学部が、高齢者1500人を対象に最大10年間追跡し、からだのどの部分が長寿と関係しているかを調査・分析しました。その結果、唯一「慢性炎症」が、寿命と明確な関わりがあることが判明しました。

「慢性炎症」というのは、誰でも年を重ねることで徐々に進む炎症で、自覚症状はほとんどありません。慢性炎症が進むと、糖尿病や動脈硬化・肺疾患・心疾患などの原因となります。

その慢性炎症を防ぐためには、地域に合った伝統食を食べることです。そして、もう一つ大きなことは、心の持ち方が重要だというのです。

ボランティア活動や家族を大切にするといった「生活の中で感じる満足感・生きがい型の満足感」が、慢性炎症を抑えることが分かったのです。つまり、人に尽くす心や社会貢献する姿勢が、慢性炎症を抑え、健康長寿につながっているということです。

反対に、慢性炎症を進めるものは、食べたいだけ食べて好きなだけ買い物をするという「快楽型の満足感」でした。

長寿の秘訣は、自己中心的な心ではなく、「利他的な心・奉仕精神」にあるという研究結果は、私たちスピリチュアリストにとって、拍手したくなるほどうれしい結果です。

「利他的心・奉仕精神」は、神の摂理そのものであり、それが最新の研究によって明らかにされたのです。

限られた地上人生で、できるかぎり霊的成長をしていくためには、摂理に一致した生き方をすることです。霊的同胞のために役立つ人生を送ることで、神が私たち人間に与えてくださった寿命を全うすることができます。利他的生き方こそ、神の願いになかった生き方なのです。



3月の読書会は、先回に続いて「霊的人生観」」を学習していきます。

** 3月の読書会の日程 **

読書会への参加をご希望の方は「埼玉シルバーバーチの会」のホームページからご連絡ください。

読書会は、「シルバーバーチの霊訓」(4冊以上)と「スピリチュアリズム入門」・「続スピリチュアリズム入門」(いずれもスピリチュアリズム普及会発行)を読まれている方を対象としております。

ご参加にあたっては、事前にテキストをご購入いただき、学習箇所をご一読ください。


■開催日時  2017年3月19日(日) 午後1時20分 ~ 3時30分 
                   (時間厳守でお集まりください)
■場所    シーノ大宮センタープラザ  9 F 学習室1
  
■テキスト   『シルバーバーチの教え(上)(下)』 

■連絡先と会場の地図はこちら 

*会場の都合で、定員は17名です。満席の場合は少しお待ちいただくことがありますのでご了承ください。

*参加費は無料です。