FC2ブログ

埼玉シルバーバーチの会

スピリチュアリズムの理解と実践のためのシルバーバーチ読書会のブログです。

Entries

3月の読書会 シルバーバーチの霊的人生観を貫く「霊的成長至上主義」

春本番を思わせる暖かい日曜日に読書会が行われました。

今回は、2月に学習した「人生観」の続きを行いました。前半は先回の復習をし、後半はシルバーバーチの霊的人生観を貫いている「霊的成長至上主義」について、そして、シルバーバーチの人生観のポイントを、シルバーバーチの言葉で確認しました。

シルバーバーチの言葉は、『シルバーバーチの霊訓』の中から参加者の皆さんに事前に選んできていただき、当日、それを発表するという形で行いました。

言葉を選ぶということは、ポイントを絞って霊訓を読むことになります。自分の心に合わせて読むのと違って、シルバーバーチが何を言おうとしているのかをしっかり考えながら読まなければなりません。参加者の方から、「角度を変えて読むことで、これまで何度も読んでいた言葉が新鮮な輝きを持って心に飛び込んできた」という感想をいただきました。

『シルバーバーチの霊訓』は、読み手の霊性レベルによって、その言葉が意味するところの広さや深さが違ってきます。霊的成長に応じて、より深く理解できるようになっていきます。地上人生の最後まで、決して手放すことなく読み続けていかなければならない最高の書であると、いつも思っています。


<今回の学習>
スピリチュアリズムの思想体系[Ⅰ] より「人生観」 その2

<学習のポイント>
 シルバーバーチの人生観を貫く「霊的成長至上主義」


前回、シルバーバーチの霊的人生観の9つのポイントを確認しました。シルバーバーチの人生観は、心霊研究によって明らかにされた霊的事実を土台として、その上に霊的真理を積み上げたものです。これまで人類は、地上人の立場から「人生」について説いてきましたが、シルバーバーチは、霊的視点から人間の人生を論じました。それは、人類史上初めてのことであり、その人生観は画期的なものと言えます。地上人の狭い視野からは想像もできない壮大な人生観は、人々の生き方を根底から変えていくことになります。

シルバーバーチの人生観を貫いているのは「霊的成長至上主義」です。人間にとって一番重要なもの、価値あるものは「霊的成長」であるという考え方です。シルバーバーチは、徹底して、「霊的成長」の重要性を説いています。霊的成長至上主義のポイントを簡単にまとめると次の6つになります。

①「霊的成長」が人間にとって最高に価値あるもの
霊的成長につながるものは価値があり、そうでないものには価値はない、ということです。霊的成長は、霊的価値観の絶対基準です。この世では、お金やモノ・地位や名誉が価値がるものとされていますが、そうしたものは霊的成長を促すことはありません。霊的には全く価値がない、ということです。

②「霊的成長」が人間の永遠の目的・地上人生の最大の目的
地上人生も霊的人生も、霊的成長のためにあります。人間は、霊的成長を目的として生きるようになっています。神様がそのように造られたのです。

③「霊的成長」が人間の価値の決定基準
言うまでもなく、人間はどんな人でも存在している価値があります。しかし、その中でも霊的成長をしている人は、より価値があります。霊的成長をしていない人。未熟な人は価値が低いということです。

④「霊的成長」が地上人生の価値の決定基準
地上でどれだけ霊的成長をすることができたかによって、その人の地上人生の価値が決まります。霊的成長をした人は価値ある人生を送ったといえます。霊的成長できなかった人は、たとえどれだけ多くのお金やモノを持っていたとしても価値のない人生だったことになります。

⑤「霊的成長」が正しい生き方(善悪)の決定基準
霊的成長が、人間の生き方や行為の善悪を決める基準となります。
つまり、霊的成長をすることが、地上人生における正しい生き方です。霊的成長を促すものが“善”であり、霊的成長を妨げたりストップさせるものが“悪”です。具体的には、「肉主霊従の生き方」「利己的な生き方」は“悪”ということです。

⑥「霊的成長」が霊界での界層を決定
霊界は霊性レベルに応じて厳密に住み分けがなされています。つまり、霊的成長至上主義がそのまま形になった世界です。それに対して地上世界は、霊的成長をしている人も霊的に未熟な人も、同じ平面上で生活しています。霊性レベルが違う人と生活することが、魂の訓練になっています。地上世界も、霊的成長至上主義が貫かれています。

以上が、「霊的成長至上主義」のポイントです。シルバーバーチは「霊的成長」を基準として、これまで明らかにされることがなかった画期的な「人生観」を地球人類にもたらしました。私たちは、真っ先に真理を手にしたものとして、霊的成長を目指して正しい生き方していかなければなりません。それは「霊主肉従の努力」「利他愛の実践」苦難の甘受」とう3つの実践によってなされていきます。霊的真理にそった日々の努力の積み重ねが、霊的成長へとつながっていくのです。


◆引用に当たっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。