FC2ブログ

埼玉シルバーバーチの会

スピリチュアリズムの理解と実践のためのシルバーバーチ読書会のブログです。

Entries

7月の読書会 シルバーバーチによって明らかにされた「霊界」の事実

夏本番を迎えました。読書会当日も強い日差しが降り注ぎ、冷房のきいた会場にたどり着いて、ホッと一息つくことができました。

参加者の中には、遠方から電車を乗り継いで来られる方もいますが、猛暑にも負けないで参加してくださることは、本当にうれしいことです。

前回は、最初に入る死後の世界である「幽界」について学びました。今回は、いよいよ本格的な死後の世界である「霊界」について学習しました。

地上には多くの霊界通信が送られてきますが、その90%以上が幽界からのものです。幽界にいる霊たちは、まだ地上的意識を多く持っているため、地上人に接しやすいからです。

霊界通信の多くは、「死後の世界は美しく、素晴らしい世界である」と言っていますが、これは「幽界」の様子です。

では、「霊界」はどうでしょうか?

シルバーバーチは、「あなた方はまだ、霊の世界の本当の素晴らしさを知りません」と言っています。そして、霊界の様子をできるかぎりの言葉で私たちに伝えてくれています。

地上で生きる私たちは、自然の息吹に触れるたびに、神の摂理の素晴らしさとその美しさに感動します。

しかし霊界では、地上のものがすべて色あせて見えるほどの美しさが存在するというのです。

霊界の素晴らしさは、地上でさまざまな訓練を受けて生きる私たちにとって、まさに「希望」と言えるものです。

この地上で魂を鍛え、大きく成長した暁には、胸を張って霊界へ戻っていくことができます。

その日を楽しみにして、最高の奉仕人生を歩んでいきたいと思います。



<今回の学習>
スピリチュアリズムの思想体系[Ⅰ]  死後世界観  「霊界」

<学習のポイント>
シルバーバーチによって明らかにされた「霊界」についての真実

シルバーバーチは、多くの霊的真理・霊的知識を地上にもたらしました。それらの大半は、人類史上、初めて伝えられたものですが、「霊界」についても、画期的な真実を明らかにしました。

特に「霊界の界層」については、それまでの諸説をすべて否定する、驚くような内容を語っています。

シルバーバーチ以前のスピリチュアリズムでは、「霊界は複数の界層から成っている(複数界層説)」と考えられていました。

例えば、スウェーデンボルグは、死後の世界を大きく3つに分けていました。

また、シルバーバーチ登場後しばらくしてからブラヴァッキーによって興された神智学では、「神が造った世界には、地上界と6つの界層からなる死後の世界が存在する」とし、宇宙は全部で7つの世界から成っているという「七世界論」が説かれました。

この「七世界論」は、当時のスピリチュアリズムに大きな影響を与え、現在でも「七世界論」を信じているスピリチュアリストがたくさんいます。

しかし、シルバーバーチは次のような言葉で、「七世界観」をはじめとする複数界層説は間違いであることを明確にしました。

「私はその“7つの界”とやらを知りません。(中略)私が知っているのは、たった1つの界があって、それが無限の階梯をなしているということです。」   『最後の啓示』P51

シルバーバーチは、「霊界は1つだけであり、その中に霊的進化の程度に応じた無数の界層がある」と述べています。そして、「界層とは、地上人が想像するような地理的に区分された領域・境界線で区切られた領域ではなく、上の界と下の界はつながっている」と説明しています。

霊界は、高い界層から低い界層へと途切れることなくグラデーションできにつながっており、霊界全体が一つに融合しているということです。そして、霊たちは霊性レベルの向上にともなって、より高い界層へと上がっていくようになります。シルバーバーチは、これまで言われてきたような界層があるのではなく、霊界に住む霊たちの霊的成長度に応じて無数の界層が存在することを明らかにしたのです。

シルバーバーチは、霊界の環境やそこでの生活についても語っています。

スピリチュアリズムによって多くの霊界通信がもたらされましたが、それらの多くは幽界からの通信でした。そのため、霊界についての情報はほんの少ししかありませんでした。シルバーバーチによって霊界の詳細が伝えられたことで、地上人は霊界の素晴らしさを初めて知ることができるようになりました。

しかし、霊界は幽界と違って純粋な霊的世界であるため、霊界の様子を地上の言語で表現することは、とても難しいことです。シルバーバーチは、「霊の世界は地上の言語では表現できません。たとえるものが地上界には見いだせないのです」と言いながら、できる限りの言語で霊界の素晴らしさを伝えてくれています。

『シルバーバーチの教え・上』の11章P184~P187は、シルバーバーチによる“霊界讃歌”と言える箇所です。これまで地上にもたらされた霊界通信の中で、これほど霊界の素晴らしさを明確に伝えてきたものは他にはありません。高級霊シルバーバーチならではの最高の内容と言えるものです。ぜひ、じっくりと読んでいただきたいと思います。

死後の世界は、私たちがあと数十年したら、必ず赴くことになる世界です。

地上の大半の人は、死や死後の世界についての真実を知らないため、死におびえながら最期を迎えます。しかし、私たちスピリチュアリストは、地上にいる間に死後の世界について、具体的に知ることができました。スピリチュアリズムと出会ったことで、死の恐怖からいち早く解放されたのです。

「死」は、地上で魂の訓練を終えたことへのご褒美です。「死」に不安を持ったり怖がったりする必要はありません。死後には、素晴らしい世界が待っています。

さまざまな苦難が待ち受けている地上人にとって、「死」は希望です。一人でも多くの人に、「死」と「死後の世界」についての真実を伝え、正しい地上人生を歩めるように導いていくことが、私たちの役目なのです。



*8月の読書会はお休みです。次回は、9月17日(日)になります。