FC2ブログ

埼玉シルバーバーチの会

スピリチュアリズムの理解と実践のためのシルバーバーチ読書会のブログです。

Entries

「霊能者ローラ・リン・ジャクソンさんの番組を見て感じたこと」 と9月の読書会のご案内

8月もあと数日、少しずつ暑さも収まってきたように感じます。

8月17日と24日の2回にわたって、「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ)で、霊能者ローラ・リン・ジャクソンさんの特集が放送されました。彼女は、死後の世界にいる霊からさまざまなメッセージを受け取り、それを対象者に伝えるミディアムです。昨年の5月、アメリカのテレビ番組に出演し、その驚異的な霊能力が今、全米で話題となっています。

霊能者を取り上げる番組はこれまでもたくさんあり、番組のタイトルを見た時は「またか…」という思いでした。日本では数年前まで、霊能者を名乗る人たちが出演し、到底、本物とは思えない内容のものを平気で放送してきたからです。しかし、今回はとても興味深いものでした。

番組によると、ローラの霊能力を検証したのは、アメリカのアリゾナ州にある「ウィンドブリッジ研究所」という所です。ここでは、さまざまな方法で霊能者と思われる人の能力を検証しています。ローラに対して行われた検証は、次のようなものでした。

まず、彼女と全く面識のない被験者を選び、その被験者から亡くなった人のファーストネームを聞き出します。ローラは、その情報だけをもとにリーディングを行います。そして、リーディングの結果を被験者に確認し、その正確性を分析するというものです。ローラのリーディングは、95%が正しいものでした。彼女は、権威ある科学者のもとで、こうした厳しい試験を何度も受け、その能力を認められました。

番組では、ローラが2人の女性に対して、他界した家族からのメッセージを伝えました。一人は他界したご主人から奥さんに向けて、もう一人は他界したお母さんから娘さんに向けてのものでした。

ローラがこれまでの日本人霊能者と大きく違った点は、本人と他界者しか知らないことがメッセージの中に含まれていたという点です。事前に聞き出すことができない情報や、本人も忘れていたようなことをローラが話したことで、メッセージは、彼女の作り話ではなく、他界者が語っていることの証拠になります。

番組制作のスタッフや出演者などが綿密な打ち合わせをして、すべて口裏を合わせて番組を作ることも可能ですが、番組を見るかぎりでは、そうしたことは行われていないように思います。

スピリチュアリズムの初期に心霊研究が行われましたが、それは、「霊魂説を証明する」という霊界側の明確な意図がありました。霊界が演出した驚異的な心霊現象を科学者たちが徹底して検証することで、「霊魂や死後の世界の存在」が客観的事実として証明されたのです。

スピリチュアリズムはすでに、心霊現象から霊的真理の理解と実践へと進展しています。しかし、ニセモノの霊能者の横行を許さないために、科学的手法を用いた心霊研究はいつの時代にも必要です。日本にも、霊能力を検証し、それを世界に発信できる研究機関ができることを願います。

番組の最後に、リーディングを受けた女性が「お話を聞いて安心しました。救われました。これからは強く生きていきたいと思います」と話していたことが印象的でした。私たちスピリチュアリストは、霊魂や死後の世界について、多くの霊的知識を手にしています。しかし、大半の人々は、霊的なことを何も知らず、「死」の恐怖や「死別」の悲しみに暮れています。私たちは、「人間は死んでも消滅しない」「死別は永遠の別離ではない」ということを、一人でも多くの人に伝えていかなければなりません。

ローラのような特別な霊能力を持った人も、霊的真理を真っ先に手にしたスピリチュアリストも、ともに霊界の道具として、霊的事実を伝えていく使命があるのです。




** 9月の読書会の日程 **

読書会への参加をご希望の方は「埼玉シルバーバーチの会」のホームページからご連絡ください。

読書会は、「シルバーバーチの霊訓」(4冊以上)と「スピリチュアリズム入門」・「続スピリチュアリズム入門」(いずれもスピリチュアリズム普及会発行)を読まれている方を対象としております。

ご参加にあたっては、事前にテキストをご購入いただき、学習箇所をご一読ください。


■開催日時  2017年9月17日(日) 午後1時20分 ~ 3時30分 
                   (時間厳守でお集まりください)
■場所    シーノ大宮センタープラザ  9 F 学習室1
  
■テキスト   『シルバーバーチの教え(上)(下)』 

■連絡先と会場の地図はこちら 

*会場の都合で、定員は17名です。満席の場合は少しお待ちいただくことがありますのでご了承ください。

*参加費は無料です。