FC2ブログ

埼玉シルバーバーチの会

スピリチュアリズムの理解と実践のためのシルバーバーチ読書会のブログです。

Entries

10月の読書会 人類史上、最高次元の死後世界観

読書会の日は、10月半ばとは思えないほどの寒さでした。このところ、雨が続いていて、秋晴れが待ち遠しいです。

今回の読書会では、シルバーバーチの死後世界観(他界観)が地上にもたらされるまで、どのような他界観があったのかを見ていきました。シルバーバーチ以外の他界観の概要を学ぶのは初めてでしたが、とても充実した学びをすることができました。

私たちにとって最も大切なことは、シルバーバーチが示してくれた霊的真理を正しく理解することです。読書会は、そのための学習の場です。

シルバーバーチ以外の他界観のポイントを知ることで、シルバーバーチが登場するまでの長い間、人類は間違った他界観を信じ続けてきたことが分かります。そして、シルバーバーチの他界観が、どれほど優れた他界観であるかを、あらためて実感することができます。

現在の地上の人口は70数億ですが、シルバーバーチの他界観を知っている人間は、ほんの一握りしかいません。大半の地上人は、間違った他界観しか知らないのです。実際に死んでから、やっと死後の世界について、少しずつ分かるようになってきます。

地上時代に、「死」や「死後の世界」について、正しい認識を持っていることは、地上人生での生き方を変えるだけでなく、死後のプロセスも変えていきます。


<今回の学習>
さまざまな死後世界観

<学習のポイント>
人類史上、最高次元の死後世界観は、シルバーバーチによってもたらされた


今回は、これまで地上では死後の世界をどのように説いてきたのかを学習しました。私たちは今、『シルバーバーチの霊訓』によって、死後の世界についての真実を知ることができましたが、それは、人類史上、初めてのことです。

シルバーバーチの死後世界観(他界観)に至るまでの流れを見ていくことで、シルバーバーチが語ってくれた他界観が、他の他界観とは次元が違う画期的なものであることを実感することができます。

これまでの地上世界において、ポイントとなる他界観は、キリスト教、スウェーデンボルグ、マイヤースの他界観です。それぞれの他界観の特徴を簡単に見ていきます。

まず、キリスト教の他界観の特徴です。これはイスラム教の他界観とほぼ同じものです。

◆キリスト教の他界観のポイント
・死後、人間は、神が支配する「天国」か、サタンが支配する「地獄」に行くことになる(これを二分的他界観と言う)
・キリスト教徒だけが「天国」に行くことができる(異教徒は「地獄」)
・最後の審判のあと、「天国」に行った人は、永遠に幸福に暮らすが、「地獄」へ行った人は、永遠に苦しみを味わうことになる
・死後の世界には「地獄」があり、サタンが支配している

キリスト教に見られるような二分的他界観は、世界で最もオーソドックスな他界観で、現代でも多くの地上人が「天国」か「地獄」かといった考え方をしています。

キリスト教的な他界観を覆す「他界観の革命」を興したのが17世紀に活躍したスウェーデンボルグです。彼は、28年もの間、幽体離脱をして、死後の世界の様子を詳しく記述しました。彼が示した他界観には、まだキリスト教の影響が見られますが、キリスト教の根幹を否定する内容が示されています。それが以下の2点です。

◆スウェーデンボルグの他界観とキリスト教の他界観の大きな違い
・キリスト教:神に敵対する存在としてサタンがいるとしている
スウェーデンボルグ:サタンを否定(地獄はあるが、サタンはいない)
・キリスト教:キリスト教徒(イエスを信じること)によって天国に行ける
スウェーデンボルグ:キリスト教徒であっても、天国に行けるとはかぎらない。
天国へ行くか地獄へ行くかは、イエスが審判するのではなく、各自の霊性によって自ら選ぶ

スウェーデンボルグの他界観は、シルバーバーチの他界観から見ると、真実とは言えない内容が多く含まれています。しかし、スピリチュアリズムの先陣としての道を切り開くという使命を果たしました。

スピリチュアリズムが地上で展開を始めてから半世紀以上経ったとき、生前、スピリチュアリストだったマイヤースが、死後、霊界から通信を送ってきました。マイヤース霊から送られてきたこれまでとは全く違う他界観のポイントは以下です。

◆マイヤースの他界観のポイント
・死後の世界は界層に分かれているが、階層間の境界はない
・地獄という独立した世界は存在しない
・死後は、進化・向上のプロセスをたどる
・再生を認める(類魂による再生論)

この中で最も画期的な内容は、「類魂による再生論」です。マイヤースによって初めて、「類魂」の事実が明らかにされ、「再生」の真相解明が一気に進められることになりました。

このように長い歴史を経て、やっと人類に『シルバーバーチの霊訓』という最高レベルの霊界通信がもたらされました。霊界からの継続した働きかけによって、徐々に死後の世界の真実が明らかにされ、最終的にシルバーバーチによって、真の他界観が地上に確立することになりました。

◆シルバーバーチの他界観のポイント
・霊界は、無数の界層に分かれている
・幽界での霊的純化を経て、霊界での生活が始まる
・霊界では霊的グループとして生活する
・再生によって、霊的グループの共同成長がなされる

シルバーバーチの他界観は、スピリチュアリズムによってもたらされた最高次元のものです。これから何百年後には、シルバーバーチの他界観が地上の常識となっていきます。しかし、今はまだ、「死後の世界」の真実について知っているのは、ほんの一握りのスピリチュアリストしかいません。

私たちは、「死後の世界」について真っ先に知った者として、霊界の素晴らしさを具体的に伝えていく立場に立っているのです。