FC2ブログ

埼玉シルバーバーチの会

スピリチュアリズムの理解と実践のためのシルバーバーチ読書会のブログです。

Entries

11月の読書会のご案内

2週連続の台風が去り、抜けるような青空に心が弾みます。

私たちの読書会では、11月までは通常の学習を行い、12月は、1年の締めくくりとして参加者の皆さんに1年を振り返ってお話をしていただきます。12月に新しく読書会に参加を希望される方は、翌年の2月までお待ちいただくようにしていますので、新規参加者の受付は、11月までとなります。


今月、2名の方から参加希望のご連絡をいただきました。お二人とも60代の方で、これまで一般の宗教で信仰したり、さまざまな思想を学んでこられた方です。

お二人に共通していたことは、「シルバーバーチを読んで、これこそ本物だと感じた」とおっしゃったことです。そして、「これからの人生をスピリチュアリズム普及のための道具になりたい」と思っておられたことです。

短い時間、お話しただけですが、お二人の真剣な思いが伝わってきて、心が熱くなりました。これから一緒に学べることが楽しみです。


シルバーバーチとの出会いは、霊界の導きによってなされます。若くしてシルバーバーチに出会う方もいれば、人生の終盤で出会う方もいます。

年齢を重ねてからシルバーバーチに出会った方の中には、「もっと若い時にシルバーバーチを知っていれば、違う生き方ができたかもしれない」とおっしゃる方もいます。

しかし、シルバーバーチとの出会いは、その人に最も適した時期に出会うようになっています。苦しみの体験を経て、霊性が一定レベルに達したとき、シルバーバーチの言葉が魂の中に入ってきます。

年を重ねる中で人間は、多くの矛盾や挫折を体験し、家庭や社会で人間関係に苦しんだりします。さまざまな苦難の体験を通して魂が鍛えられ、やっと本物に出会うことができるようになります。

間違ったことをたくさん経験し、多くの葛藤を乗り越えたからこそ、「シルバーバーチの霊訓」が真に価値あるものであることがすぐに分かるのです。


読書会のメンバーは、20代から60代まで、いろいろな年代の方がいらっしゃいます。皆さんがシルバーバーチに出会うべき時期に出会い、それを「本物」と直感して、ここまで歩んでこられました。

お一人お一人が霊界からの導きを受け、霊界から期待されている方たちです。私たちの読書会が、霊界のよき道具として働くための学びの場になることを心から願っています。


11月の読書会のご案内です。今回は、スピリチュアリズムの思想体系[Ⅰ]の「再生観」を学習していきます。「再生観」は、スピリチュアリズムの思想の中で最も難しい内容です。11月の読書会を含めて、3回くらいに分けて学んでいく予定です。

** 11月の読書会の日程 **

読書会への参加をご希望の方は「埼玉シルバーバーチの会」のホームページからご連絡ください。

読書会は、「シルバーバーチの霊訓」(4冊以上)と「スピリチュアリズム入門」・「続スピリチュアリズム入門」(いずれもスピリチュアリズム普及会発行)を読まれている方を対象としております。

ご参加にあたっては、事前にテキストをご購入いただき、学習箇所をご一読ください。


■開催日時  2017年11月19日(日) 午後1時20分 ~ 3時30分 
                   (時間厳守でお集まりください)
■場所    シーノ大宮センタープラザ  生涯学習総合センター 9 F 学習室1
  
■テキスト  今回はテキストは使用しません

■連絡先と会場の地図はこちら 

*会場の都合で、定員は17名です。満席の場合は少しお待ちいただくことがありますのでご了承ください。

*参加費は無料です。